社員インタビュー3

レノヴァンス│求人募集(今村 幸太郎)
今村 幸太郎
Kohtaro Imamura

働くなら尊敬できる上司の下で働きたい

~入社のきっかけ~

社会人野球の道を目指していましたが、ケガのため直前で断念。いざ就職活動となっても、これまで野球一筋だったので、特にやりたいこともありませんでした。そして、なんとなくの気持ちで、パーソナル業界へ就職するもコロナの影響で先が見えない状況に。

将来に不安を感じ、親友であった飯塚(高校からの腐れ縁)に相談してみたところ、楽しそうに生き生きと不動産の話をしている姿を見て、強い興味を抱きました。

飯塚の紹介で藤原社長に会い、その「剛気不屈の精神」「人間味豊か」な人柄に惹かれ、働くなら尊敬できる上司の下で働きたいと思っていましたので、迷うことなく入社を決めました。

仕事の楽しさを共有できる場所。そしてファミリー

~職場の魅力~

私が仕事をするうえで、大切にしているのが「仕事を楽しむ」こと。表面上の楽しさではなく、仕事を真剣に取り組む中でしか見つけることができない楽しさ。そこに、本当の楽しさがあると私は考えています。これは私だけではなく、みな同じ気持ちだと思います。社員のひとりひとりの楽しさが交じり合い、人柄ならぬ企業柄を作り出す。そんな素敵な雰囲気の中で働けるのがこの会社の魅力のひとつでもあると思います。

また、レノヴァンスでは、仕事以外での付き合いも多く、それを通じて互いの考えや価値観を共有し、目標をひとつに響きあい、高めあいともに働く。そんな風に私は感じていますので、会社の特徴を一言で表現すると私にとっては「ファミリー」なんです。

私がおこなった人見知り克服方法

~成長の実感~

入社当時は、人見知りで初めの一歩がなかなか踏み込めない性格でした。業務内容が法人周りのため、自分の意見を伝えるためのコミュニケーション能力がないのは、結構致命的でした。

もうどうしていいかわからず、出した結論が身体を鍛えて、外見から変化してみよう…もっと男として自信に満ちた自分へ。鍛えに鍛えましたよ。僕もパーフェクトボディ!(笑)

でもこれって今思えば、私が仕事をするうえで、大切にしている「仕事を真剣に取り組む」ための準備だったと思うんです。適当でもいいやって姿勢なら筋トレなんてしなかったと思います。かなり斜め上をいく自分なりのアンサーでしたけどね(笑)

今は筋肉と仕事を通して、目上の方でも堂々と自分の意見・提案ができるようになれました。ちょっと特殊ではありますけど、これが私の成長の証。